收获之秋,网走港湾设施中小麦被装载入船

在不断进入深秋的收获季节,北海道东北部网走市的小麦集中装货设施中正在进行小麦装船的作业。该设施是2014年由网走市建立,有著日本全国最大规模的装运量。在鄂霍次克地区生产的小麦由卡车运至此地,被储存至设施内24座大型筒仓内(1座750吨)。装船作业每年都会从4月进行至第二年流冰靠岸前的1月。装船后的小麦将被运往日本全国各地。去年运输量达到了鄂霍次克地区总收获量的7成约124000吨。

Location

Wheat collection and shipment facility

Related

このサイトでは、サイトや広告を改善するためにCookieを利用します。これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。プライバシーポリシー