芦笋“冬姬”于美幌开始正式收获

北海道北部的美幌町,冬季的芦笋“冬姬”正式开始收获。利用日照量较多温差较大的地域特性,作为在冬季日本产芦笋几乎没有流通的高级食材逐渐形成品牌化。
将在室外田地中种植的芦笋休眠状态的根茎于秋季挖起,并进行低温保存后在温室内培育新芽。4户农家与町的美幌未来农业中心,美幌高校共同培育。收获量与去年持平预计约达到1.2吨。出品至札幌,旭川,北见的市场中,售价可达到1公斤3000日圆的高价。收获将持续至明年1月下旬。

Location

Bihoro Town

Related

このサイトでは、サイトや広告を改善するためにCookieを利用します。これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。プライバシーポリシー