襟裳岬上日高圆扇八宝开花

被太平洋怒涛拍打的日高地区襟裳町襟裳岬断崖上,濒危灭绝的日高圆扇八宝已经开花,迎来了观赏时节。 这种植物属于景天科的多年草,是北海道的固有品种。以日高地区为中心,在Apoi岳的中麓以及海岸的岩石缝隙中群生,会开出直径约1厘米的红色花朵。北海道医疗大学的堀田准教授说“它们有时会经历最大瞬间风速超过40米的强风以及涨潮时的海水,是紧贴在崖壁上坚强生存的花朵。今年能够观察到开花,我也十分高兴。”

Related

このサイトでは、サイトや広告を改善するためにCookieを利用します。これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。プライバシーポリシー