日落的沙滩上浮现“大蛇”

出现斑马条纹的天盐川

北海道内北部第二长的天盐川河口附近(天盐町),近日来在日落时分,由于河流水量减少,在广阔的沙滩上,呈现了仿佛无数条大蛇出现的斑马条纹。天盐川上流地区由于9月上旬雨量较少的影响,在退潮的下午6点左右,因为河流水量比往年要少,露出了平时在水中的河床模样。
斑马条纹一直延续到河口附近,仿佛被制作出来的形状,最长的“大蛇”能够达到数十米长。带状的斑马条纹从河口一直延续100米长直至上流地区。 

Related

このサイトでは、サイトや広告を改善するためにCookieを利用します。これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。プライバシーポリシー