数百只栗耳短脚鹎,飞往过冬地区

作为候鸟必经之路而周知的北海道最南端松前町白神岬上,成群的栗耳短脚鹎为了过冬,朝著津轻海峡对岸的青森县龙飞崎远行而去。10月17日清晨,白神岬附近的草地上,随著不断的鸣叫声,数百只栗耳短脚鹎出现在眼前。刚刚飞起的队伍与上空中飞行的队伍合成更为庞大的一队,为了躲避猛禽的袭击沿著海面紧急下降,飞向距离约20公里的海峡对岸。截至11月中旬都可以看到栗耳短脚鹎飞渡海峡的景象。

Location

Cape Shirakami

Related

このサイトでは、サイトや広告を改善するためにCookieを利用します。これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。プライバシーポリシー