無人機智能農業

幕別町農業協會以及帶廣農業高中,帶廣工業高中等共同組織的聯合企業於6月17日,在帶廣農業高中內進行了無人機散佈農藥的試驗飛行。約80名學生共同學習了採用高科技減輕農作業負擔的智能農業優點。
聯合企業的成員,使用可以搭載16升大型桶罐進行散佈農藥的最新型無人機,在帶廣農業高中從高空4米處將代替農藥的水霧噴射到農田中。
還說明了將農田的位置信息全部紀錄並進行全自動設定後,即便人手較少也可以進行農作業等。

Location

Related

このサイトでは、サイトや広告を改善するためにCookieを利用します。これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。プライバシーポリシー