東川插秧如火如荼進行中

將綠油油的「夢美人」稻米幼苗透過插秧機插入田中的東川町板谷農場

北海道北部上川地區的插秧工作已經開始,於培育品牌米的東川町插秧作業正如火如荼地進行。在持有東川町內最大規模約88公頃稻田的「板谷農場」上,駕駛著3台插秧機,插入了綠油油的「夢美人」稻米的幼苗。

板谷農場於5月13日,由大約20人分擔了插秧作業,透過插秧機將一排一排的秧苗整齊插入土中。板谷智德社長稱「從融雪之後好天氣持續,秧苗的生長非常順利。雖然擔心米價下跌,但仍然希望能夠種出好吃的稻米讓大家多吃一些。」

Location

Higashikawa Town

Related

このサイトでは、サイトや広告を改善するためにCookieを利用します。これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。プライバシーポリシー