紫蘇濃郁香味,白糠町迎來收穫旺季

Sep. 18, 2020

北海道東部的白糠町,合同酒精(東京)所製造的紫蘇燒酒“鍛高譚”原料的赤紫蘇迎來了收穫旺季。
紅紫色的手掌大的紫蘇被熟練的割下,周圍都被其清爽的香味包圍。町內的產業生產法人紫香舍使用無農藥栽培方式。在溫室中培育的幼苗於5月下旬,被移植到了其名稱由來的鍛高山山腳下約4公頃的農田中,並於8月27日開始收穫。收割工作將持續到9月中旬。紫蘇被乾燥後將磨成粉末保管,明年將出貨到合同酒精旭川工廠,製作成紫蘇風味的人氣燒酒。

Location

Shikosha

Related

このサイトでは、サイトや広告を改善するためにCookieを利用します。これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。プライバシーポリシー