流冰離開等待春季到來的鄂霍次克沿海漁船

北海道東部面朝鄂霍次克海的北見市常呂町常呂漁港中,為了躲避流冰而在海岸上休息的115艘漁船正在等待出港之時。3月3日起將開始進行漁船入海的作業。以迎接往年3月20日左右流冰大幅減少後可以開始航行的“開海”。

半數的漁船會用於捕撈當地特產的扇貝。截至去年12月已經將全部的漁船運至陸地上,在因南下的流冰導致鄂霍次克海封海的時間,對漁船進行清掃以及塗裝等作業。

常呂漁協會根據流冰的狀況,依次展開章魚,鯡魚,扇貝的漁場建設作業。

Location

Tokoro fishing port

Related

このサイトでは、サイトや広告を改善するためにCookieを利用します。これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。プライバシーポリシー