點亮藍色燈光感謝醫療工作者

北海道道廳舊址紅磚樓等札幌市內8處設施於6月25日晚間點亮藍色燈光。北海道政府與札幌市政府,為了感謝在新型肺炎感染對策中辛勤工作的醫療工作者們,在全國緊急事態宣言全面解除後的1個月之際舉行了該活動。點燈的設施包括札幌市鐘樓以及大通公園噴泉,札幌巨蛋體育館的展望台等。北海道道廳舊址紅磚樓於晚上9點起點燈1小時,延伸至高空的藍色光線與窗戶中時而點亮時而關閉的藍色燈光不斷交相輝映,路過的行人紛紛駐足觀看。

Location

Related

このサイトでは、サイトや広告を改善するためにCookieを利用します。これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。プライバシーポリシー