阻止流冰!作為扇貝的盾牌,佐呂間湖

北海道東北部面朝鄂霍次克海的佐呂間湖第1湖口(北見市)中,正在進行為了防止流冰進入湖內的“防冰堤”網設置作業。
與大海連結的第1湖口的防冰堤,是為了防止流冰破壞在湖中的扇貝養殖設施,作為世界上首個防流冰設施由網走開建進行建設,此設施從1998年開始使用。並排的14個半圓形樁子之間,與浮漂成為一體的長達130米的堅固繩網連結其中,可以有效阻止流冰前行。

Location

the No. 1 Lake Entrance to Lake Saroma (Kitami City)

Related

このサイトでは、サイトや広告を改善するためにCookieを利用します。これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。プライバシーポリシー