一滴一滴醇香的大吟釀。小樽田中酒造中“滴釀”

小樽市田中酒造龜甲藏中,最高級的新酒釀造正式開始。2月20日釀酒的原料·未過濾的酒糟被裝在綿袋中過濾為原酒,也就是清除雜質的“滴釀”作業。

新酒將製成“純米大吟釀 吊斗瓶滴釀 寶川”(720毫升,11000日圓)。使用精米比例提煉達到35%的北海道產釀酒米“彗星”,經過5週的發酵製成酒糟。

20日釀酒的負責人釀酒人高野篤生(52歲)等6人,將每15公升酒糟裝入綿袋,在深約1.5米的罐子中架上木棒懸掛了40袋酒糟。罐子內從袋子中滴落的清澈酒水,令整個酒藏內充滿了香醇的果香。

滴落的酒水將會耗費半天從罐子的水龍頭處裝入3個斗瓶(18公升)中,經過1週的靜置新酒就製造完成了。高野說“口感絲滑絕佳,最後應該呈現微甜的感覺。”新酒將在田中酒造龜甲藏,總店以及網絡商舖中於3月銷售。

Location

Kikkogura branch of the Tanaka Sake Brewery

Related

このサイトでは、サイトや広告を改善するためにCookieを利用します。これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。プライバシーポリシー