襟裳岬上日高圓扇八寶開花

被太平洋怒濤拍打的日高地區襟裳町襟裳岬斷崖上,瀕危滅絕的日高圓扇八寶已經開花,迎來了觀賞時節。 這種植物屬於景天科的多年草,是北海道的固有品種。以日高地區為中心,在Apoi岳的中麓以及海岸的岩石縫隙中群生,會開出直徑約1公分的紅色花朵。北海道醫療大學的堀田準教授說“它們有時會經歷最大瞬間風速超過40公尺的強風以及漲潮時的海水,是緊貼在崖壁上堅強生存的花朵。今年能夠觀察到開花,我也十分高興。”

Related

このサイトでは、サイトや広告を改善するためにCookieを利用します。これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。プライバシーポリシー