增毛

  • 製造負責人(左)喝著用北海道生產的山田錦所試驗釀造的日本清酒以及確認其味道的國稀酒造的老闆林真二=4月13日 留萌管內增毛町

    北海道的清酒公司受到在去年春天開始流行的新冠肺炎的影響,至今仍然處於窘況。為了尋求一條出路,清酒業者嘗試轉換銷路擴展到海外市場。雖然還是得看新冠肺炎的終結情況,但看在過去5年的出口量(包含北海道免稅店的銷售量)為10萬~20多萬公升,停留在整體出貨量的5%左右,因此可期待相當大的成長幅度。

このサイトでは、サイトや広告を改善するためにCookieを利用します。これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。プライバシーポリシー