滑冰場如同「水鏡」般,苫小牧白鳥王子冰上運動場

北海道中央部膽振地區苫小牧市的白鳥王子冰上運動場的滑冰場,像鏡子般地映照出天花板的鋼構骨架。因為配合在冰上曲棍球大賽賽期結束後的春天進行融冰作業,才能夠見到一年一度的「水鏡」。

融冰作業的目的是為了滑冰場內冷卻機器等的例行檢查。今年於4月10日開始,將厚度大約4.5公分的冰面削除一半左右後解凍。積存在滑冰場大約4萬5千公升的水反射光線,清楚地浮現天花板的樣貌。

冰上運動場將於6月中旬左右再度結冰,預定於7月再次開放營業。

滑冰場上的冰融化後,映照出天花板鋼構骨架的「水鏡」=4月15日,苫小牧市白鳥王子冰上運動場

Location

Hakucho Oji Ice Arena

Related

このサイトでは、サイトや広告を改善するためにCookieを利用します。これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。プライバシーポリシー